Kyash Cardでガソリンスタンド利用が可能になりました

こんにちは、 Payment Operationに所属しているyuriです。

2021年5月31日より、ついにKyash Cardがガソリンスタンドで使えるようになりました。

本来Kyash Cardに限らず、プリペイドカードではガソリンスタンドでの利用が出来ない仕様となっておりましたが、ユーザーの皆様の熱いご要望にお応えして、この度ガソリンスタンドでご利用いただけるようになりました!

今回は、Kyash Cardでガソリンスタンド利用開始となった仕組みを紹介していきたいと思います。

本題に入る前に Payment Opeationチームの紹介です

Payment Operationチームはチーム名の通り、決済取引が正常に完了するように管理運営を行なっております。 業務内容を少し挙げると、日々のVisaやQUICPayの売上データや返金データの管理やシステム処理できないイレギュラー事案の事務処理・カード会社間での決済電文に関する連携・利用加盟店拡大業務などです。

なぜ今までKyash Cardがガソリンスタンド利用ができなかったのか?

※詳細については以下の記事をご確認ください

blog.kyash.co

ガソリンスタンドでカードを利用した際、送信されるオーソリ(仮売上データ)が実際のご利用金額と大きく乖離していることが多いため、プリペイドカードの特性上、利用することができませんでした。

もう少し詳しくお話ししますと、クレジットカードは利用後にユーザーへ請求が発生しますが、プリペイドカードは利用=リアルタイムで請求が発生します。

加盟店でカードを利用すると、オーソリ(仮売上データ)が各カード発行会社へ到着 し、後日(日数は加盟店による)売上確定データが到着します。

クレジットカードでは、カード保持者個々人に設定されている与信枠から到着したオーソリ金額を枠内で減算し、後日到着する売上確定データと結合し翌月精算となります。

プリペイドカードでは、カード保持者の与信枠という概念がないため、オーソリデータを正とし即時でプリペイドカードの残高から減算となり、後日到着する売上確定データと結合しオーソリを確定します。

実額オーソリが送られてこないとプリペイドカードではどうなるか

実額オーソリが送られてこないと、プリペイドカードではオーソリを正としてユーザーの残高よりご利用金額を徴収しているので、オーソリ金額と売上確定金額に大きな乖離があるとユーザーの残高からお金を徴収できなくなる可能性があります。

日本国内ガソリンスタンドの決済の仕組みはどうなっているのか

ガソリンスタンドの決済の仕組みは各国で異なり、日本で多いのは事前に給油金額を指定して給油するのではなく、多くの方が満タンを指定して給油します。 満タンを指定した場合、実際に給油が完了されないと、満タン時の金額が不明なため、オーソリ金額は実額ではなく少額の金額となり、実際の金額データは後日売上確定データとして到着します。 *1

このように、ガソリンスタンドでの決済においては、業界の慣例的に給油前に少額の金額でオーソリを送ることで利用可否を事前に確認することになっています。

本来加盟店から送られてくるオーソリと、後日送られてくる売上確定データは同じ金額でなくてはならないなのですが、現在日本国内にある多くのガソリンスタンドではオーソリと売上確定データの金額に大きな乖離が発生します。*2

  

なぜKyashCardでガソリンスタンド利用すると一時金(1万円)引き落としされるのか

上記の通り、ガソリンスタンドで利用した際オーソリ金額が少額であるため、実際の売上確定データ到着時の差分を少なくすることを目的とし、一時的に弊社で保管しておくためにガソリンスタンドご利用時には1万円を一時金として引き落としさせていただいております。

f:id:kyash-yuri:20210611095442p:plain

なぜガソリンスタンド併設の他業種店舗での利用時に一時金(1万円)が引き落としされるのか

通常ではガソリンスタンドとカフェでは加盟店の業種を識別する電文情報が異なりますが、1つの敷地内でガソリンスタンドとカフェやコンビニなど併設されている場合に、ガソリンスタンド運営会社とカード会社で1つのカード加盟店契約ですべてを包括する場合があるようです。

そのため、カフェで利用したにもかかわらず弊社へ到着するデータの中にはガソリンスタンド利用として到着するため、ガソリンスタンド仕様の一時金1万円引き落としが発生します。

そのような加盟店で利用した場合には、カフェ利用でも利用明細にカフェの店舗名ではなくガソリンスタンドの店舗名が記載されることが多いです。

f:id:kyash-yuri:20210611095351p:plain

今後について

一時金1万円の金額設定については、今後も随時見直しをしていく予定です。

また、今後もKyash Cardが利用できる加盟店を(どんどん)増やしていけるように進めていきたいと思っておりますので、今後ともKyashを宜しくお願いいたします!!

*1:売上確定データ送信日数は、加盟店毎に異なり最短で翌日・最長で30日前後となっています。

*2:稀に実額オーソリを実装しているガソリンスタンドもあります。

KyashのAndroid/iOSアプリエンジニア向けのカジュアル面談はこんな感じ

Kyashの@konifarです。

KyashのAndroid/iOSアプリエンジニア向けのカジュアル面談をどんな感じでやっているかを書きます。
やり方は随時変わっていくので、2021年6月のスナップショットだという点に注意してください。

なぜ書くか

私の所属するMobileチームでは、Android/iOSアプリエンジニアともに採用強化中です。
最近は「まずはカジュアル面談で気軽に話しましょう!」のように周知する企業が多いですね。Kyashもスタンスは同じです。

ただ考えてみると、カジュアル面談で誰が出てきてどんな雰囲気で何を話すかイメージもつかない状態で申し込むのってなかなかハードル高いと思うんですよね。知らない人と会うことだけ決まってるみたいな状況って、自分なら結構緊張してしまいます。

なので、ざっくりどんな感じでやってるのか雰囲気が伝わるとよいなという気持ちでこの記事を書いています。結果としてカジュアル面談の申し込みが増えたら嬉しいですね。

続きを読む

チームラーニングでチームの共通認識を揃える

Kyashの@konifarです。最近雑なアウトプットが減っているなと感じているので、自分が所属するチームでやった『チームラーニング』という催しについて書きます。

チームラーニングとは

マッキンゼーでプロジェクト開始時に行っているチームビルディングイベントらしいです。 働く時間帯や環境、自分の不得手などを共有することで、チームで働きやすい状態を作ろうというものですね。

バズってた「チームラーニング」をやってみたら、チームの生産性上がりそう という記事がSlackチャネルに投げ込まれたのを見て、これはよさそうだと思い実施してみることにしたのでした。

あとで同僚の@ussyに教えてもらったのですが、マッキンゼーでのやり方や効果はMcKinsey Careers: Inside the team learning – one tool to create balance で紹介されています。もし"本場"で経験したことがある人がいたら是非教えてください。

続きを読む

Kyashでの報酬や買取代金の受取

KyashでHead of Partnershipを務めているnozomuです。他社様との提携などにおいてKyash側の窓口を担当し、プロジェクトの進行も担っています。この時期はJリーグの開幕が待ち遠しいです。

最近、給与のデジタル払いのニュースが話題となっておりますが、現時点ではまだ労働基準法によって現金や銀行振込以外での給与受取は認められていません。 一方で、給与にあたらない「報酬」「買取代金」「ポイント」といったものは比較的柔軟な受取が可能となっており、今回はKyashだとどのようなことができるのか紹介したいと思います。

続きを読む

銀行口座からの指定日自動入金をスタートしました

KyashでPdMをやっている荒井です。 2021/2/4(木)より、毎月指定日に銀行口座から指定金額を自動入金できるようになりました。入金手数料は無料です。

このブログでは、指定日自動入金の便利な使い方をお伝えしたいと思います。

f:id:ninjaad:20210218154542j:plain

続きを読む

Kyashは口座をソフトウェア化する

この記事はKyash Advent Calendar 2020の25日目の記事です。 Kyash Founder & CEOの鷹取です。

早いもので2020年もあと数日で終わりを迎えようとしています。今年はコロナウイルスにより、実態経済の影響はもとより私たちの働き方や価値観も大きく変わるきっかけになった年でした。Kyashとしても、春先の資金調達以降、Kyash CardのリリースやApple Pay、資金移動登録・サービスローンチなど、サービスや陣容を拡大した年でした。 海外のデジタルバンクも収益化に向けた期待が集まる中、今回はそもそもKyashが手掛けている新しい口座の概念がどのようなものなのか、綴ってみます。

f:id:s_takatori:20201225143012j:plain
New concept of Financial Account as a Software

Kyashについて

Kyashのミッションは「価値移動のインフラを作る」、それによって実現される世界としてのビジョンは、「新しいお金の文化を創る」です。 この実現のためには、Kyashで構想している新しい口座の概念が必須となります。モバイルとインターネットにより、「情報」や「コミュニケーション」がいつでも安価にアクセスできるようになった時代に、「お金」だけが引き続き燃費が悪いと感じています。 その背景にあるのが、「銀行口座をウェブに載せる(bank account on the internet)」と「モバイル口座を日々の暮らしで活用する(Mobile account in banking)」の前者が実行されているからであり、Kyashは後者を進めることをミッションとしています。

口座をソフトウェア化するとはどういうことか

一言で表すと、「口座を物理的な制約から開放する」ことであり、より汎用性を持った口座の概念です。去年のアドベントカレンダーの投稿で「Mobile Bankingは何を塗り替えるか」について書きました。過去に私が銀行で働いていたころ、銀行口座は支店と紐づく考え方をベースとしていました。そしてデジタルのチャネルは、支店の補完や代替手段としての位置付けで、何か明確なポリシーがあった訳ではなりませんが、デジタルの体験が支店での体験を大きく超えられない壁のようなものを感じました。Kyashが手掛ける口座の概念は、支店などの地理的な概念が存在せず、いつでもどこでもモバイルから汎用性の高い金融サービスにアクセスできることを構想しています。

口座がソフトウェア化されたら何ができるか

一つは、「汎用性」です。柔軟で汎用性の高いデジタルな口座の概念は、目的別に口座や、コミュニティや家族・友人間で共有する口座を即座に作成することができます。また、特定のルールや条件などを設定しておくことで、よりお金をコントロールすることが可能になります。例えるならば、固定電話とスマホの関係に近いかもしれません。固定電話の簡易版として登場したスマホが、同期性や汎用性を備えることで、電話という役割を大きく超えて価値を発揮すると言う現象が、口座の世界でも起きるのではないかと考えています。

二つ目としてあげられるのが、「外部連携性」です。口座の概念がより柔軟であれば、外部のサービスとの連携なども自由度が高まります。例えば、ホームスピーカーやIoTなどと連携して、その内容や指示を受けて口座が機能するといった、連携が考えられます。現在では、引き続きスマホを手で操作して金融サービスを体験しますが、近未来的にはスマホに話しかけるだけで、もしくは脳から指示を出すだけで送金や決済を行うことも可能になっていくと思います。

以上のように、お金にまつわる様々な目的のモジュールを兼ね備えた口座は、今後多様な業態やサービスとも連携して、従来の口座の役割を大きく超えていくものと信じています。

(最後に宣伝!) Kyashでは、プロダクトマネージャー、デザイナー、マーケター、グロースなどの幅広いポジションで募集しております。ご興味いただけましたら、是非気軽に僕らの挑戦を聞きにきてください。

open.talentio.com