builderscon tokyo 2019に登壇してKyash Directのアーキテクチャについて話しました

Kyashでバックエンドエンジニアをやっている岩藤です。すでに1ヶ月半も経過してしまっていて今さら感があるのですが、builderscon tokyo 2019というイベントで登壇する機会をいただきました。はじめての経験で学ぶところも多かったので、登壇の経緯や準備、当日の雰囲気や感想などをお伝えしたいと思います。

builderscon.io

続きを読む

【中の人に聞いてみる】好きなプロダクトを自分の手で磨きこみたい。それが自分がここにいる理由。 KyashのiOSエンジニア 片山 隼平

KyashでiOS開発を担当するエンジニアであるjumpeiさんこと、片山 隼平氏にKyashに入社した理由から今後やりたいことについて聞きました!

f:id:chihiro-hara:20190918135045j:plain

プロフィール
iOSエンジニア
片山 隼平
2013年中央大学商学部卒業。卒業後カリフォルニアUCLAに留学し、修了後サンフランシスコのモバイル向けアナリティクス企業でのSDK開発業務にインターンとして携わる。
帰国後、ECサイト運営企業にiOSエンジニアとして参加し、アプリの開発・運用・保守に加え、CI、CDの構築を担当。
2017年7月Kyash入社。iOSエンジニアとして、プロダクト開発全般を担当。

続きを読む

Kyashの現状の課題とCRE募集ページの解説

Kyashで開発をしている@konifarです。

先日、KyashでCRE(Customer Reliability Engineering)の募集を開始しました。

open.talentio.com

CRE*1って何ぞや?という人も多いですよね。仕事内容や募集要件は簡潔に記載していますが、もう少し現状の課題や働き方のイメージを伝えた方が興味を持ってもらいやすいと思うので、より噛み砕いて説明します。

言い換えると、「もっと多くの人に興味を持ってもらえるように詳しく解説するよ!興味がわいたら応募してくれ頼む!」という趣旨の記事です。よろしくお願いします。

*1:CREは、2016年にGoogleが提唱した専門職です。詳しくはこちらの記事を参照してください。

続きを読む

Androidプロジェクトの未使用のリソースを定期的に削除する

Kyashでクライアントアプリを開発している@konifarです。

KyashのAndroidプロジェクトでは日々の開発に集中できるよう色々と自動化しているのですが、今回はその中の『使っていない画像や文言を定期的に削除してPull Requestを出してくれるCIジョブ』の話をしようと思います。小ネタなんですが、たぶん他の会社でも使える話だと思います。

続きを読む

【中の人に聞いてみる】次世代の金融サービスを作りたい Kyashの事業開発担当 高村 和紀

7月に事業開発担当として入社した高村 和紀氏へKyash入社までの経緯とこれからやりたいことについて聞いてみました! f:id:chihiro-hara:20190816153127p:plain

プロフィール
事業開発
高村 和紀
新卒で大手SIerに入社。SEとして顧客先に常駐し通信事業者向け基幹システムを開発。ベンダー側へ転職し、PMとして自社の基幹システムの開発に従事。
その後、決済代行会社やFintechベンチャー企業などを経て、2019年7月よりKyashに参画。事業開発担当として、ウォレットアプリ「Kyash」における協業やチャレンジャーバンクへの基礎固めを担当。

続きを読む

Kyashアプリ画面デザイン変更、サービスサイトリニューアルの裏側

Kyashでアプリなどのプロダクト全体のデザインをしている矢部です。

7/18日にKyashアプリの画面デザイン変更と、サービスサイトのリニューアルをしました。 これはKyashのビジョンからプロダクトの在り方を再定義する、ブランド・プロジェクトの1つのアウトプットになっています。 リニューアルとその背景となっているブランド・プロジェクトの経緯を書こうと思います。 f:id:chihiro-hara:20190731185948j:plain https://kyash.co/

続きを読む

「いつものお支払いを2%お得に」から「いつものカードがもっと便利に」へ 〜 Kyashのマーケティング戦略〜

Kyashでマーケティングを担当しています上田 太暉です。

気づいた方もいると思いますが、7月18 日(木) にタグラインを「いつものお支払いを2%お得に」から「いつものカードがもっと便利に」に変更しました。またタグラインだけでなく、サービスサイトのデザイン、アプリの画面デザインも今回のタグラインの更新に沿ったデザインにアップデートされています。

今回の刷新は単なる表現の変更ではなく、Kyashのブランディングマーケティング戦略とも密接に関わっています。そこで、実際にタグラインを刷新するまでにどういったプロセスがあったか、そしてKyashはどういうプロダクトを目指すのかなどを記しておきます。 f:id:chihiro-hara:20190801111817p:plain

続きを読む